iPhoneバッテリーの寿命


どうも〜iNoir-アイノワールの大嶋です!

iPhoneを使っているとバッテリーの持ちが悪くなったな・・・

と感じる方はいませんか?

私も充電をしながらゲームをやっていたり動画の編集などなど色々としたので1年使ったころにはバッテリーが持ちが悪くなって交換しました。

そこで大嶋の視点から見たバッテリーの劣化を抑えて長持ちさせるコツを紹介します。



iPhoneバッテリーの寿命

バッテリーのリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すことで寿命が少しずつ劣化していきます。iPhoneのバッテリーは、フル充電と放電のサイクルを約500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

ただし、使い方によっては寿命が短くなることがあります。

バッテリーの寿命が短くなりにくい充電をすることで長持ちさせられます。

バッテリーをこまめに充電する

iPhoneのバッテリーは0から100%まで充電する方が50%から100%まで充電するより劣化が大きくなる性質があります。

そこで、完全にバッテリーが切れる前にiPhoneをこまめに充電した方が長持ちする可能性がありますよ。

バッテリーを充電器に挿しっぱなしにしない

iPhoneバッテリーは100%に近い状態が続くと劣化が大きいのです。

 

そこで、iPhoneを充電が100%になった後も充電器に挿したまま放置するのはバッテリーにとっては良くありません。

夜寝るときに充電をするのもご注意ください。

また、iPhoneを充電器に挿したままゲームやインターネットをするのは、バッテリーの使用と充電を同時にすることになり特に劣化が大きいので出来れば避けたいところです。

iPhoneを高温状態に置かない

暑い日の車の中にiPhoneを忘れてしまう等、高温下にiPhoneを置いておくとバッテリーも劣化してしまうので注意してください。

iPhoneのバッテリーが劣化しやすいことは私もついついやってしまいがちなことが多いです。

できる範囲で避けることでiPhoneのバッテリーを長持ちさせて快適にiPhoneを使っていきましょう!



iPhoneのバッテリー交換

iNoir-アイノワール-でのバッテリー交換についてはこちらにも詳しく書いていますので、一緒に読んでもらえると嬉しく思います。

iNoir-アイノワール-のバッテリー交換

iPhoneの電池持ちが悪くなってきた。画面が浮いてきた。バッテリーの残量がまだあるのに電源が落ちてしまう。iPhoneが熱い等ちょっとでも気になることがあれば、iNoir-アイノワール-の大嶋へお気軽にご相談ください♪

 

iNoir-アイノワール-はホームベーカリーPiaさんの2Fにあります。大田原市を拠点とし、小さな古民家風の店内でiPhone修理や設定を行っております。相談・見積は無料!iPhoneのバッテリー交換、相談、アップデートならiNoirにお任せ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL